和歌山ファイティングバーズNANA

女子硬式野球「和歌山ファイティングバーズNANA」公式サイトのチーム概要、組織のページです。

HOME > チーム概要、組織

チーム概要、組織

和歌山ファイティングバーズNANA(ナナ)について

概略

和歌山ファイディングバーズNANAは、女性が野球を続けられる環境をつくるために設立された、和歌山県初の女子硬式野球クラブチームです。

地域の活性化を図り地元に愛されるチームを目指していきます。

2017年度より設立した和歌山県女子硬式野球連盟に加盟しており、今後は協力団体として全日本女子野球連盟と力を合わせて活動していきます。

 

組織

監督

川保 麻弥(かわほ まや)

1984年生まれ、埼玉県上尾市出身。もと女子プロ野球選手、日本代表。
2013年に現役を引退し、その後は女子プロ野球球団で監督などを歴任。

運営

和歌山ファイディングバーズNANAは、クラブチームとして運営されます。

クラブチームとは、企業が運営するのではなく、地域などの有志が運営を行うスポーツチーム。
和歌山ファイディングバーズNANAの運営はスポンサー収入や会費によってまかなわれます。

 

球団マメ知識

球団名の由来は、”闘鶏”神社

和歌山ファイディングバーズNANAという球団名の由来の一つが闘鶏神社(とうけいじんじゃ)です。

闘鶏神社はチームの拠点である和歌山県田辺市にある歴史ある神社。源平の戦いで活躍した弁慶が、熊野水軍を引き連れ加勢する際にどちらに味方するかを占った神社とされています。

”闘鶏”すなわちファイティングバーズという言葉に、闘志溢れるプレースタイルと攻守に渡り力強いプレーを表現し、観る者に感動と共感を与えることができる選手を育てたい、という気持ちをこめました。

 

お問い合わせ

お問い合わせフォームからご連絡ください。
>>お問い合わせフォーム